即日融資と即日審査を間違えないように

急にお金が必要になったので、今日明日中に即日融資を申し込みたいというとき、「即日・・」という文字だけを見て、即日融資ができると思ってしまうと勘違いするかたもおられます。
たとえば「即日融資」と「即日審査」を間違えると、その日にお金は借りられないので注意が必要です。
「即日融資とは」
即日融資は大手消費者金融のすべてや、銀行カードローンでも取り入れているサービスで、申込をしたその日にお金が借りられるという大変利便性に富んだサービスです。
お金を借りたいとき、急な出費に備えて前もってキャッシングの契約が終わっていれば、お金が必要になったときでもあわてることなくお金が借りられます。
しかし、キャッシングはまだ経験がないけれど、どうしても借りなければならないというときでも、即日融資でお金が借りられます。
即日融資は一般的な申込方法と同じで、即日融資が可能な金融機関であれば、指定時間までに契約が完了していればすぐに口座へ振込をしてもらえます。
「即日融資で借りるには」
即日融資でお金を借りるときは、口座振り込みをしてもらう場合は時間の制限があります。
ほとんどの場合、平日の午後2時くらいまでに契約を終えていれば、自分が指定した銀行の口座へ振込をしてもらえます。
また銀行によって呼び方がそれぞれ違いますが、無人契約機を設置している銀行があります。
契約が午後2時までに終わりそうにない場合でも、仮審査までを済ませておき、無人契約機へ行き、本審査を受けてカードを発行してもらい、カードを使って提携ATMからお金を引き出すという方法も利用できます。
「即日審査とは」
銀行カードローンのトップページを見ると「即日審査可能」と書かれているのを見ることがあります。
一般的に銀行の審査は時間がかかり、審査に数日を必要としますが、即日審査」は最短で申込をしたその日に審査結果がわかるということで、その日にお金が借りられるというものではありません。
即日審査で審査結果が知らされ、了解すると書類が郵送で送られてきます。
送られてきた書類に必要事項を記入し、本人確認書類を同封して返送すると本審査がおこなわれます。
本審査が完了すればカードが送られて来るので、そのカードが使えるようになるには1週間以上必要と考えておかなければなりません。
たしかに「即日融資」と「即日審査」はまぎらわしい言葉と思いますが、いくらあわてていても金利などを比較することや、即日融資が可能なのかを確認して申込先を間違えないようにしましょう。

生命保険でお金を借りる

できることならお金は借りたくないというのが誰もが考えることですが、どうしてもお金を借りなければならなくなったときは、生命保険で借りることもひとつの方法です。

生命保険でお金を借りると、キャッシングなどで借りるより低金利でお金が借りられる場合があるので、普段から家族がどんな生命保険に入っているのかを知っておきましょう。

おなじ保険でも、掛捨ての保険では借りられませんが、貯蓄型の保険であれば融資をしているところもあります。

貯蓄型の保険とは終身保険、養老保険、学資保険、個人年金保険などで、途中で解約すると解約返戻金が戻ってくるタイプの保険です。

契約者貸付というのは「もしもの場合にそなえて保険にはこのまま入っておきたい、しかし今は一時的にお金が必要」という場合に申込ができます。

キャッシングのように毎月定期的に返済するのではなく、返済期間中に一部、あるいは全部を返しますが、返済時期や金額は自由に決められます。

本来、解約返戻金は支払った保険料の一部が積み立てられるもので、保険料を払う期間が長くなるほど増えていきます。

反対に契約して間もない保険の解約返戻金は積立金が少ないのでそれほど多くなく、貸付限度額も少額になるので思っているほどの借入希望額にはならないこともあります。

また、借りたお金の返済が終わらないまま保険の満期になったり、返済が残ったまま被保険者が死亡したときは、満期保険金や死亡保険金から元金と利息が差し引かれて支払われます。

関連記事